Hot Melt Adhesives Manufacturer Taiwan│TEX YEAR Since 1976

選單

ABOUT

RESEARCH & DEVELOPMENT

研究開発センター

イノベーションの持続・フレンドリーな環境・永続的な発展

TEX YEAR(徳淵)は核心的な材料と、技術の耐用性と安全性にこだわりを持ち、製品へのパーフェクトで厳格なテストと検証を行うことで、着実で誠心誠意による企業文化を築いています。製品の設計上でも、「顧客とともに価値を創造する」ことを一番重要な考えとしています。「ヒューマナイズ」されたニーズに近づき、すばやくお客様とパートナーの製造工程での各種の問題を解決できることを願い、先を見据えたテクノロジーで人類の便利な生活を創造しています。

TEX YEAR(徳淵)が毎年投入している研究開発費は売上高の3%に上ります。また積極的に国内外の研究開発に携わる人材を育成し、「環境保護」、「安心」、「イノベーション」の製品とサービスを発展させ続けています。

イノベーションの継続
TEX YEARグループ(徳淵集団)は全世界に6つの研究開発チームを擁しています。「イノベーションの継続」の精神にこだわり、グループでは大量の研究開発への経費を投入し、研究開発に携わる人材を網羅することで、お客様のニーズに一致する製品を開発しています。また積極的に産業と行政部門との提携と技術交流、戦略的パートナーの推進、新たな技術の取得を行っています。既存の応用における技術上でのボトルネックを打破し、時代のニーズと一致するため、毎年革新的な新製品の開発を続けています。
環境にフレンドリー
TEX YEARグループ(徳淵集団)は「環境へのフレンドリー」が、後の子どもたちの地球と人類の生存について重要であることを理解しています。弊社の研究開発チームは自社製品の研究開発段階で、環境に対する影響を考慮しはじめ、環境保護の原則に従い研究開発活動を行っています。製品の自然環境への衝撃を低減し、環境保護のニーズに一致する製品を研究し開発することで、地球環境への負担を減少させています。
永続的な発展
より少ない資源でより高い価値を創造するための、製品改善の絶え間ない思考による研究開発と新たなソリューションの探求。それがTEX YEAR(徳淵)を永続的な発展の目標へと前進させ続けているのです。

検査技術と能力

弊社では様々な種類の検査機器を備え、プロフェッショナルな人員を器材を使用するために配置しています。研究開発チームは異なる開発における製品の物性と設計へのニーズに応じて異なる検査方法を備えています。
弊社の検査機器はそれぞれ精密分析試験機器、材料物性試験機器、量産シュミレーション設備と環境信頼性試験機器に分かれています。

精密分析試験機器

GPC Gel Permeation Chromatography
HPLC High Performance Liquid Chromatography
FTIR Fourier Transform Infrared Spectroscopy
DSC Differential Scanning Calorimeter
TMA Thermal Mechanical Analyzer
Rheometer

材料物性試験機器

Universal Tester with Temperature Control Chamber
Shear Adhesion Tester
Rolling Ball Tack Tester

顧客の量産シュミレーション設備

Book Binding Machine
Book Binding Strength Tester
Guillotining Machine
Pilot Coater

環境信頼性試験機器

Low Temperature Chamber
Programmable Temperature Control Chamber