選單

News

感染防止ウェットティッシュ用ホットメルト接着剤
感染防止ウェットティッシュ用ホットメルト接着剤 Aug 2, 2021
2021年に入っても感染防止対策が続けられていますが、どうしたらいつでもどこでも手の清潔を保ち、口や鼻からの感染を防ぐことができるのかが、今私たちにとって最も重要なこととなっています!  特に、外出中に手が汚れたけれど手を洗う所が見つからないという時、ウェットティッシュは最も手軽に手の汚れを落とすことのできる便利なアイテムです。子どもが遊んで手を汚してしまった?そんな時も、ウェットティッシュ数枚で簡単にひと拭きすれば大丈夫。感染防止には、正しいウェットティッシュ選びが大切現在市場には様々な種類のウェットティッシュが流通しています。例えばベビー用ウェットティッシュ、万能ウェットティッシュ、メイク落としウェットティッシュ、デリケートゾーン用ウェットティッシュ、除菌衛生ウェットティッシュ、機能性ウェットティッシュなど、全てウェットティッシュと呼ばれていますが、実は拭き取り用ウェットティッシュと除菌衛生ウェットティッシュには大きな違いがあるのです。除菌衛生ウェットティッシュだけが殺菌効果を有しており、物の表面の清掃や殺菌に使用することができます。殺菌効果が求められているため、除菌衛生ウェットティッシュの中にはアルコールや酸素系漂白剤または防腐剤などの成分が含まれています。アルコールは揮発しやすい特徴があるので、パッケージに蓋を設けることで開封後の微生物や汚染物質の侵入を防ぎ、アルコール分と水分を揮発しにくくします。TEX YEAR(徳淵)ホットメルト接着剤が傘の役目を果たし、あなたの肌の健康を守りますウェットティッシュに優れた密封性をもたせ、開封後の長期保管を可能にし、1枚1枚取り出しやすくするために、メーカーは取り出し口にポリプロピレン(PP)素材の密閉蓋を取り付けました。パッケージとプラスチック蓋はTEX YEARホットメルト接着剤で接着されています。ウェットティッシュは直接人の肌に触れる使い捨ての衛生用品ですので、その製造工程の各段階全てにおいて厳格なチェックが行われます。ウェットティッシュの蓋のメーカーがホットメルト接着剤を選ぶ際は、必ず国の基準を満たすもので、無害無臭、無色透明で、パッケージの外観にもウェットティッシュの保存にも影響しないものでなければなりません!口コミが品質の証、TEX YEARのホットメルト接着剤性能の良くないホットメルト接着剤を選んでしまうと、ウェットティッシュ全体の見た目に影響がでるばかりでなく蓋がずれたり外れたり、接着剤がはみ出たりといった状況が生じます。また、製造工程においても糸を引いたり、粘性不足が原因で蓋が外れたりといった問題が生じる恐れもあります。TEX YEAR合得妙ウェットティッシュ用ホットメルトの特長は無蛍光剤、透明で低臭気、無害で環境にやさしい。初期タック・粘着力(40℃での保持力)ともに優れ、操作性が良い(糸引きなし)。優れた耐高温性(60℃)と耐低温性(-20℃)を有し、非常に高い耐候性を有する(高低温、夏冬とも適する)。製品の透明度は蓋を貼り付けた際にウェットティッシュの完成品の美観を保つことができ、製品の特性からPP・PE・PETいずれの素材にも理想的な接着力を発揮する。TEX YEARウェットティッシュ用ホットメルト接着剤の特徴接着剤の使用量が少ないのでコストが節約できる:本製品は粘性が強いため、同類の商品と比べて接着剤の使用量が少なくて済む。環境にやさしく無臭、施工がスムーズ:本製品は臭いがほとんどせず、環境保全基準に適合している。施工がスムーズで糸引きが無く、自動化製造のニーズに対応している。接着性が強く、耐候性に優れる:粘着性が強くウェットティッシュのパッケージ蓋を簡単に貼り付けることができる。固まりやすく、外れにくい。耐熱性に優れ、高温でも接着剤が溶け出さず、低温でももろくならない。ウェットティッシュ蓋用ホットメルト接着剤なら、まずTEX YEARにお尋ねください!
View more
自動車用ホットメルト接着剤セレクト
自動車用ホットメルト接着剤セレクト Jul 1, 2021
ご存じでしょうか?あなたが毎日運転している自動車は製造時に様々な部分の接合にホットメルト接着剤が関わっているのです!ホットメルト接着剤は溶剤を含まないため環境にやさしく、性能が安定しており、VOC含有量も業界の基準に準拠しているなどの優位性があり、自動車分野で幅広く応用されています。車内は非常に高い密閉性を有し、とても狭い空間です。そのため車内の空気品質の問題も日増しに人々が重視されるようになってきており、どの自動車業者でも車内空気品質に対する非常に高い試験要求が設けられています。特に内装材に使用する接着剤製品は、車内空気汚染の発生を防ぐため正しい材料を選び、環境にやさしい低VOCの接着剤を使用して車内乗客の健康を守る必要があります。また、自動車の組み立て作業に接着剤が直面する問題は、必ず優れた耐熱性を有し、取り扱いにくい基材への粘着が可能で、低揮発性成分の排出要求や難燃性といったニーズに対応していなければならないといったことがあります。TEX YEAR(徳淵)ホットメルト接着剤は低VOC、低ミスト、高強度で耐熱性に優れ、自動車産業の環境保護に関する要求に対応しています。しかもRoHSやREACHといった世界的な環境保護規制にも準拠しており、低VOCとホルムアルデヒドフリーの検査基準も満たしている。自動車産業で使用されるPET・PP・ABS・再生綿・Foam・RUBBER・METALといった材料に対し、極めて高い接着性を発揮します。自動車の組み立てにおける接着剤の用途:1.    自動車内装シート・電熱パッドの接着マット、ドア内の防音綿接着内装や電線の固定トランク内装ドアシーリング2.    自動車天井ルーフサンシェード3.    ライトライトカバー4.    エアフィルター車内エアコンフィルターの接着5.    オイルフィルターエンジンオイルフィルターの接着6.    自動車タイヤタイヤの補強およびパンク防止剤タイヤ用ラベルTEX YEARは40年以上にわたり積み重ねてきた研究開発技術を有し、モノづくり精神の巧みでお客様の工場の様々なニーズに応え、完備された生産ソリューションをご提供いたします。
View more
ホットメルト接着剤はタイヤのこんな用途にも応用できる?
ホットメルト接着剤はタイヤのこんな用途にも応用できる? Jun 1, 2021
ホットメルト接着剤はタイヤに対しラベル表示用途だけでなく、なんと「パンク防止、エア漏れ防止」としても応用することができ、私たちの安全を守るという重要な性能も有しているのです!耐パンクタイヤ関連の統計データによると、発生している交通事故の40%がタイヤの故障によって引き起こされたもので、しかもタイヤのパンクによる事故がその70%以上を占めています。台湾では平均6分間に1人、タイヤのパンクが原因で命を落としており、バーストによる死者の数は毎年10万人以上にも上ります!こうした恐ろしいデータにより、より多くの人々がタイヤの安全性を重視し始め、より安全な耐パンクタイヤを選ぶようになってきています。「耐パンク」は、製品としての角度から言えば、一種のパンク予防の効果と措置を有するタイヤであり、決して「パンクしない」タイヤではありません。現在市場に流通している耐パンクタイヤは2種類あります。1つは従来型のランフラットタイヤで、空気圧がゼロになっても一定の距離の走行が可能。もう1つは自己修復安全タイヤです。自己修復安全タイヤはタイヤの内壁にホットメルト接着剤が1層吹き付けてあり、鋭利な物が抜き取られた時に穴が補填されて密封され、タイヤに穴が開いても空気が抜けたり漏れたりすることがありません。たとえ高速走行で鋭利なものを踏んでしまっても、ハイテクコーティング層が緩衝効果を発揮して保護し、大量の空気がタイヤの穴から瞬間的に放出されるのを防いでタイヤのパンクを予防する効果が期待されます。★    TEX YEAR(徳淵)は、塗布性に優れた耐高低温、低煙、低臭気の耐パンクタイヤ専用ホットメルト接着剤をご提供します。★    TEX YEARの自動車タイヤ用空気漏れ防止ホットメルト接着剤は、自動車のタイヤを補強してパンク、釘踏みなどによる外傷、空気漏れを防ぎ、走行中にタイヤの突発的状況が発生する危険性を抑えることができます。タイヤラベル正規ブランドによって製造されたタイヤは、出荷前にシミュレーションなどで安全性の試験を行い、試験に合格したものには燃料消費量、グリップ性能、タイヤ騒音など3つの表示がラベリングされ、自動車の静粛性、グリップ力、操作性などに関する有用な指標を得ることができます。画像★    TEX YEARは低温でも表面粘度が高く塗布性に優れたタイヤ用ラベル粘着剤をご提供します。★    鮮明で識別しやすく、表面が滑らかなタイヤラベルを実現するタイヤ用ラベル粘着剤は、長期保管や輸送にも耐え、タイヤラベルに強力な粘着力を発揮します。。夏に適した配合と冬に適した配合の2タイプご用意しています。
View more
TEX YEAR UV接着剤 | 「インダストリー4.0」時代へ
TEX YEAR UV接着剤 | 「インダストリー4.0」時代へ May 20, 2021
UV接着剤の硬化剤に含まれる光重合開始剤(フォトイニシエーター)は紫外線(自然光または人工光)の照射を受けると紫外線を吸収してフリーラジカルまたはプラスイオンが発生し、モノマーの重合、架橋およびグラフトの化学反応が起こり、接着剤を数秒で液体から固体へと変化させます。 UV接着剤の応用分野は?①    工業における製造への応用小型モーター、自動車工業パーツの固定、ケーブルパーツの接着、自動車のライトやバックミラーの接着など。②    工芸品の製造への応用ガラス工芸品の接着、クリスタルや宝石の固定や象嵌、透明なプラスチック工芸品の接着など。 ③    医療関係への応用注射器、注射針、導尿カテーテル、呼吸システム、カテーテル検査装置など。 ④    マイクロエレクトロニクスへの応用スマホ部品の組み立て、ハードディスクのヘッドの取り付け、デジタルカメラの部品の接着、センサーの製造、半導体チップなど。 TEX YEAR UV接着剤の優位性TEX YEAR UV接着剤はもともとUV塗料(Hard coat)製品への応用が主で、後に次々と以下のような分野へ発展していきました。CDコーティング剤  –  CD表面のコーティングに使用、製造工場へ導入  光学フィルムコーティング剤  –  光学フィルムのコーティングに使用、バックライトモジュール市場へ導入UV補修剤 – 補修作業の効率向上と結果の最適化、カーボンファイバー製自転車産業へ導入PVCフロア用塗料  –  建材市場へ導入                          そしてTEX YEARは技術革新により接着剤の応用において貢献を果たし、2016年以降パネル業界のインダストリー4.0製造戦略をリードして、ブラックUV接着剤やUV硬化型感圧接着剤といった応用の製品開発に成功。大量生産により大手なパネルメーカーに提供しています。 TEX YEAR UV接着剤の特徴1.硬化が速く、反応のコントロールが可能、施工時間が短縮できる。2.低VOCで、環境保護のニーズに対応している。   3.設備の様々な組み合わせが可能で、自動化された生産ラインでの使用に適する。4.色々な材料の接着が可能で接着強度が高く、構造接着も可能、応用範囲が広い。5.優れた光学性能を有し、接着剤が無色透明で、硬化後の光透過率は90%に達する。 TEX YEAR UV接着剤の応用①    暗色遮光UV接着剤UVで素早く固まり、遮光性を有しており、塗布によって補填と遮光、緩衝といったニーズへの対応が可能です。溶剤不要で、加熱しなくても硬化する、レワーク性が良い。パネルの組み立て、カメラモジュール等に適しています。②    UV ガスケットUV液体シール材とも呼ばれる、液状のUV接着剤です。主に緩衝や密封・防水用のシールとして用いられます。電子製品・ウェアラブル製品・電子装置などの産業での使用に適しています。③    UV感圧接着剤UV硬化した後も表面に粘性があり、液体テープとして利用できます。パネルや電子機器の組み立てなどの産業に適しています。④    UV補修剤UVで素早く固まり、様々な粘度での吹き付け塗装・ローラー塗り・部分補修など各工程に合わせて選択が可能で、自転車・スポーツ器具・酸素ボンベなどカーボンファイバー製品への応用に適しています。⑤    UV塗料スクラッチ防止、滑り止め、光沢、無光沢、DIY修正、小型構造の成形など、ニーズに合わせて調整することが可能。PVCフロア塗料などの建材や光学フィルムなどの光学電子材料、導光板塗装、電子製品のカバーコーティングなどに応用することができます。TEX YEAR UV接着剤はその優れた性能と様々な優位性により、インダストリー4.0製造戦略に大きく貢献しています。工業生産は国の柱ともいえる産業であり、UV接着剤は今後もさらなる改良とグレードアップを繰り返し、工業生産を支え続けます。そしてTEX YEARは『インダストリー4.0製造戦略』と『低VOC環境保護』という2大ハイテクイノベーションを実現するため、ますます研究・開発に邁進してまいります。
View more
【MPO】VS【EVA】どっちがホットメルト接着剤市場の勝者?
【MPO】VS【EVA】どっちがホットメルト接着剤市場の勝者? May 3, 2021
MPO系とEVA系は、いったいどう違うのでしょうか?TEX YEAR(徳淵)の「合得妙」が皆様をこの世紀の大勝負にご案内します。これで両者の違いが一挙にすっきりご納得いただけることでしょう!体質の違いEthylene vinyl acetate (EVA)エチレン酢酸ビニルMetallocene polyolefin (MPO)メタロセンポリオレフィン幅広く使用されている基ポリマー使用可能な温度範囲がEVAより広い蝋と樹脂の種類や量により硬化時間と粘性のコントロールが可能色が比較的淡い、低臭気ある状況下において充材の添加が可能優れた熱安定性を有する 素早い設置と操作が可能 低密度TEX YEAR「合得妙」は整ったEVA製品を有し、なかでもグルースティックと包装用ホットメルトは業界で卓越した人気を誇る。世界の潮流と市場の趨勢に合わせ、TEX YEAR「合得妙」も対応製品を提供しておる。 太さ比べMPOホットメルト接着剤 太さ比べ│TEX YEAR「合得妙」MPOの比重は0.90で、EVAの比重は0.98。両者の重さが同じ場合、MPOの方が体積が大きく、太っています!! けれど太っているがゆえに、使える量も多いのです。ですから使える量においては、MPO製品の方が勝っていると言えます!!当社が同じ条件下で比較実験を行ったところ、MPOホットメルト接着剤はEVAホットメルト接着剤より4枚も多く塗ることができることが証明されました!!総塗布量:10gram塗布厚/枚:40mm使用温度:160℃~180℃強度比べ実はEVAホットメルト接着剤もMPOホットメルト接着剤もお客様の必要とする強度を満たすことができます。ただし同じ強度の下では、MPOホットメルト接着剤はその比重・密度・体積の関係上、EVAホットメルト接着剤よりも少ない量で同様の強度を実現することができ、通常MPOホットメルト接着剤を使用したほうが、従来のEVAホットメルト接着剤を使用するより10~20%も使用量を節約することができるのです!! これは実に大きなプラスポイントです!! 外観比べMPOホットメルト接着剤 外観比べ│TEX YEAR「合得妙」身長や太さはもちろん大切ですが、外観の清潔さや美しさも、人に良い印象を与えるための重要なポイントですね。比べてみるとMPOはEVAよりもこの点に重きが置かれていることがわかります。使用の際、MPOは狙った場所に正確に塗布することができ、糸も引きにくいので、出来上がった製品の外観も美しく、お得な価格で販売することができます。 耐久性比べMPOホットメルトの熱安定性はEVAホットメルトよりもかなり優れています。こちらも実験を通してご説明しましょう。180℃の条件下で、24時間・48時間・72時間・96時間・148時間という長い耐久レースを行ったところ、下の図からもわかるように、MPO系ホットメルトの熱安定性は完全にEVA系ホットメルトをノックアウトするという結果になりました。劣化後の黄変はEVAホットメルト接着剤よりも相当少なく、本当に大したものです。熱安定性の比較実験MPOホットメルト接着剤 熱安定性比べ│TEX YEAR「合得妙」すでに5項目について競技を行ってきましたが、ここまで見るとMPO系ホットメルト接着剤製品がまるで独り勝ちしているかのように見えます。ですが実は、EVAホットメルト接着剤產品も負けず劣らずの結構なやり手なのです。これほど長い間世の中で広く愛用され続けてきたわけですから、これにしかないメリットや特徴があるに決まっているのです。EVA系ホットメルト接着剤についていえば、すでに市場に出て長く、市場で高い人気を得ており、用途が広く、価格も安くなっています。そして最も重要なのは、設備を新規に購入したり交換したりする必要がなく、しかもパラメーターを設定しなおす必要もないという点です。つまり、互換性はMPOホットメルト接着剤よりも優れているのです。ですから、この両選手ともそれぞれに優れた点があるというのが正直なところで、製品を選ぶ際はご自分のニーズとよく照らし合わせ、より適した、最も高い効果の得られる製品を選択されることをお勧めいたします。TEX YEAR「合得妙」は完備された製品シリーズと専門なテクニカルサポートを有しています。クリエイティブなMPO系ホットメルト接着剤のお探しのお客様も、従来型のEVA系ホットメルト接着剤をお求めのお客様も、「貼ることに関してはぜひTEX YEARにお任せください!」
View more
テープの製造工程と分類
テープの製造工程と分類 Apr 1, 2021
テープは最もよく使用するパッケージ封止用の道具であり、文房具でもあります。出荷用の荷物を梱包したり、オフィスでの資料を貼り出したり、マスキングテープで小冊子を飾ったりと、粘着剤の施されたテープによって、物をしっかりと貼り合わせたり装飾を行ったりすることができます。粘着剤はもともと動物や植物の抽出物を原料としており、19世紀における接着剤の主成分はゴムでしたが、現代では様々な重合体を用いて粘着剤が製造されています。工業デザインにおいては、各テープに独特な粘着・偽造防止・スマート識別などそれぞれ異なる機能を持たせています。 テープ製造の工程と技術ブローフィルム形成後にフィルムを粘着剤塗布機へ移動させ、ホットメルト接着剤か水性接着剤あるいはその他の接着剤を塗布しますが、この工程ではテープに必要な粘度や用途に合わせて接着剤を選ぶ必要があります。そして塗布が完了したらテープの完成です!ブローフィルム成形    →    粘着剤塗布    →    巻取り    →    裁断テープの構造粘着テープは一般的に粘着剤層(Adhesive)と基材(Backing)とセパレーター(または剥離フィルム、Release liner)、そして目に見えない基材表面コート剤層で構成されており、これが最もよく見られる基本的な構造となっています。感圧接着剤の基材としてはプラスチックフィルム類(合成紙を含む)・紙類・布類・金属類などが一般的で、これらの素材のうちの2つまたはそれ以上をラミネートさせた複合基材もあります。よく見られる粘着テープの種類には片面テープ・両面テープ・スポンジテープ・OPPテープ・アルミテープ・自動車用布製ワイヤーハーネステープなどがあります。テープの分類開封防止テープ・封かんテープ用接着剤│各種宅配袋の密封および封かん用テープに利用いただけます。素早く貼り付くのでプリントが施された各種素材の宅配袋への使用に適し、優れた耐熱性と耐寒性を有しています。弱粘性仮固定テープ用接着剤│室内のフックや製品の補足説明用タグなどにご利用いただけます。弱粘性で凝集力が高く、耐油性に優れ、のり残りせず、優れた保持力を有します。マスキングテープ用接着剤│10um塗布するだけで300-600g/inの剥離強度を得ることができ、剥がす時にのり残りせず、紙や本を破損させることもありません。紙の粘着や装飾、内装など幅広い用途に使用することができます。偽造防止テープ用接着剤│接着剤は低臭気で、いかなる溶剤も含みません。乾燥の工程が必要ないので生産効率がアップし、製造環境や従業員にやさしく、塗布作業に関しては一度に40~50g/m2の塗布量を実現することができます。TEX YEAR(徳淵)はテープ産業に応用できる粘着剤の開発に力を注いでおり、テープ業界のためにグリーンでエコな感圧接着剤シリーズ製品を開発しました。ホットメルト感圧接着剤・水性乳液型感圧接着剤・UV硬化型感圧接着剤シリーズなど、様々な必要に応じた粘着剤をご提供しています。
View more
これを選んだ人はPVCフローリングの真の良さを知っている?
これを選んだ人はPVCフローリングの真の良さを知っている? Mar 22, 2021
プラスチック床材は現在国際市場において比較的盛んに取引が行われている新しいタイプの内装用床材で、軽量でコンパクトであることから幅広い用途に応用されています。例えば各種公共の場ではプラスチックタイルなどをよく目にしますが、実はプラスチック床材は様々で、ポリウレタン(PU)を原料として製造されているものが多く、よく屋外運動場への敷設に用いられています。PVCはプラスチックの一種で、PVC床材はプラスチック床材の中の1つですが、多くの人がPVC床材をプラスチック床材と呼んでいます。裏面接着剤付きタイプのPVC床材はエンドユーザーの高い利便性を実現します。離型紙を剥がすだけで簡単にフロアの敷設を行うことが可能で、現在の風潮である非常にスピーディな生活リズムにフィットしており、DIYリフォームを思い立ったら即実行することができます。 実例比較:一般タイプVS裏面接着剤付きタイプ、PVC床材の構造 現在市場に流通している一般的なPVCフローリングタイル用接着剤は大きく分けて3種類あり、それぞれ作業方法が異なります。1、強力接着剤:溶剤型接着剤で、トルエンが含まれており、風通しの良い環境で施工する必要があります。作業時は必ず接着剤の粘着力が発生するまで乾かさなければ接着することができません。2、水性感圧接着剤:水溶性接着剤で、環境にやさしく、トルエンを含みません。加圧するとすぐに粘着力が発生し、張り直しも簡単です。長期間水に浸かると粘着性が失われてしまうので注意が必要です。3、ホットメルト感圧接着剤:ホットメルトタイプの接着剤で、環境にやさしく、トルエンを含みません。加圧するだけですぐに粘着力が発生し、防水効果を有します。一般ユーザーのDIYリフォームに最適です。 PVC床材の裏面接着剤にホットメルト感圧接着剤を使用すると、どんな影響がある?PVCフローリング材は主にPVC・炭酸カルシウム・可塑剤およびその他の添加剤から作られており、プラスチックタイルのPVCフローリングにしなやかさを与えるため、環境にやさしい可塑剤を添加して柔軟性を持たせています。しかし可塑剤には滲出という物理現象が生じ、時間が経つにつれて内部の可塑剤が徐々に表面に移行します。そのため、裏面接着剤として塗布されているホットメルト感圧接着剤が徐々に溶けていくという状況が発生し、保管されている期間が長くなればなるほど、ホットメルト感圧接着剤の凝集破壊もひどくなり、大きな圧力を受けてはみ出したり、離型紙を剥がす際に一部の接着剤が紙に付いてきてしまったりという現象が起こります。ホットメルト感圧接着剤はいったん粘着力が低下すると、貼る際に反りが生じやすくなりますので、正しい裏面接着剤を選ぶことはPVCフローリング材選びの重要なポイントの1つであると言えます。TEX YEAR(徳淵)はこうした問題を解決するため、研究スタッフから凝集力に優れ、しかも可塑剤の滲出による粘着力の喪失を大幅に改善することのできるホットメルト感圧接着剤を開発しました。これによって、PVCフローリングタイルが長期間の保管の後でも裏面接着剤の凝集力と粘着性を保ち、お客様に安心な製品をお届けすることが可能になったのです。TEX YEARは40年以上積み重ねられた技術と実力および強固な研究開発チームを有し、特にPVCフローリングタイル用ホットメルト感圧接着剤およびUV無光沢塗料、その他接着や塗布に関して、お客様のニーズに合ったカスタムサービスをご提供しています。また、TEX YEARのソリューション力はすでに100トップ企業の製造技術に関する要求事項を満たすと共に、PVCフローリングタイルのホットメルト感圧接着剤および表面の傷や摩耗を防ぐUV無光沢塗料に関する製造上のニーズにもお応えています。
View more
あなたの生活を守る、低VOCsホットメルト接着剤
あなたの生活を守る、低VOCsホットメルト接着剤 Mar 8, 2021
VOCsとは?VOCsとは、揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称です。各国における揮発性有機化合物の定義は多少異なりますが、通常は常温で揮発しやすい有機化合物を指します。室外におけるVOCsの主な発生源は、燃料の燃焼や自動車やバイクなどの排出ガスで、室内では建材や内装材、家具、家電製品、洗剤などからVOCsが放出されています!(ウィキペディアより)近年、大気汚染がますます深刻さを増しており、各国では人の健康保護を図るため、すでに関連の法規制が敷かれており、大気環境を改善するための様々な対策が取られています。工業においてはグリーン発展を強力に推進、重点業界のVOCs排出量削減を加速させ、大気環境の改善を促しています。VOCs  大気汚染 広がる環境の低VOCs化環境保護署はVOCsを含む製品に対する規制を実施しており、接着剤やシーリング材などのVOCs含有量に制限を設け、これらの製品のVOCs排出量削減に取り組んでいます。エコでクリエイティブかつ安心な製品を提供することと、法規に則りお客様の利益を守ることが、TEX YEAR(徳淵)のコアバリューです。TEX YEARは市場の趨勢に絶えず関心を払い、お客様およびエンドユーザーである消費者のニーズに対し素早い対応を行っています。 低VOCsホットメルト接着剤シリーズ製品 TEX YEARでは原料から製造の各段階において徹底した品質管理を行い、低揮発性で残留VOCs量の少ない低VOCsホットメルト接着剤シリーズを製造・販売しています。近く発売となるエアフィルター用枠糊および織り目糊は、市場に流通しているフィルター用糊に比べてVOCs含有量が低く、かつ同等の品質を有しており、消費者の低臭・低揮発性有機化合物(VOCs)といったニーズに対応した製品となっています。また、低VOCsシリーズのホットメルト接着剤は衛生設備および材料、パッケージ・ろ過材・テープ・マットレス・ろ過器・自動車や建築など、私たちの生活に密接にかかわる分野の様々な製品にも応用することができます。TEX YEAR低VOCsホットメルト接着剤シリーズ製品 TEX YEAR VOCs測定機で、共に私たちの生活を守るお客様に安全と安心をお届けするため、TEX YEARはVOCs測定機を導入し、確実にお客様の基準を満たした製品をご提供しています
View more
TEXYEARと一緒に見つけよう! パッケージが人をより簡単に乳飲料の栄養を獲得!
TEXYEARと一緒に見つけよう! パッケージが人をより簡単に乳飲料の栄養を獲得! Dec 20, 2019
関連報告により:日本国内では毎年62Lしか乳飲料を飲みます。世界飲乳値の半部だけ達しています。 今日は乳飲料を飲みました?乳飲料はどんな栄養素をもたらすのか?乳飲料の組成は主に水分、タンパク質、脂肪、乳糖と鉱物質。世界中数十億人が毎日乳飲料や乳製品からこれら高品質の栄養素を取ります。人々は牛乳の脂肪は浮く物性を利用して色んな乳製品を作っています。液体乳類(殺菌乳、ヨーグルト)粉乳、練乳、乳脂肪(バター)、チーズ、アイスクリーム等。 乳飲料はどうやって栄養を有効に保存するのか? 乳飲料は色んな栄養素を持っています、人間に栄養を与えると同時に微生物の天然な培養基になり変質を起こります。良くない保存は化学変化が連携し変質を加速します、栄養を危険に変わります。違う乳製品によって保存の方式も時間も変わります、いかに整理します:生乳、ガラス瓶やテトラパックに詰めた物、要冷蔵。加工乳、高温殺菌処理したもの、テトラパック、紙パックなどによく詰める、冷蔵必要はありません。ヨーグルト、菌を使って発酵させた物、大抵は要冷蔵。栄養素は生乳と近いが乳糖は30%くらい減っています、乳糖不耐症の人はヨーグルトは良い選択。乳飲料、乳酸菌飲料等は大抵常温で保存できる。 包装の違ういは栄養保存のため違う包装は殺菌の後に違う環境でも乳飲料の栄養素を保存するため。乳飲料よく使う包装は:紙パック:日差し受けず、無菌充填できる、常温と冷蔵にも適し、長期保存に向いてる、乳飲料以外に、ジュースやお茶にもよく使われている。ペットボトル:軽い、変形しにくい、持ちやすい。ソフトパック:空間を節約できる、子どもたちに持ちやすい、ストローが付いてるタイプと押し出すタイプ。TEXYEARはプロの乳飲料包装にホットメルトを提供致します:紙パックのストロー糊:テトラパック765T、SA320;コンビブロック302E 紙コップと蓋の糊: 318B、318Aペットボトルラベル糊:767Kソフトパック:エコリン909E(もっと乳飲料対応製品はTEXYEARにご連絡を下さい!)TEXYEARは乳飲料包装ホットメルトのリードメーカーTEXYEARは中国乳飲料の包装業界ではリードしています、接着剤製品は乳飲料全部の包装用途に使われています、接着困難な材質にもTEXYEARは豊富の知識とアドバンテージを持っています、お客様に適合なサービスを提供致します。
View more