Hot Melt Adhesives Manufacturer Taiwan│TEX YEAR Since 1976

選單

産業への応用

彩盒カラーボックス

彩盒カラーボックス
カラーボックスの包装、カラーボックスのラミネートで表面に防水や美しさが必要な際には、PE、OPP、WAXとUV Varnishコーティングなどを利用できます。表面のラミネート材、PPコーティングとインクは接着プロセスへの大いなる挑戦です。TEX YEAR(徳淵)のホットメルト接着剤は、お客様の特定のリクエストを満足させます。

TEX YEAR(徳淵)のラミネート・カラーボックス用ホットメルト接着剤は、各種の貼り合わせにくいコーティングによる特殊な材質の包装材料、包装紙とPEコーティング、OPPコーティング、PP段ボール、ポリエチレンプラスチック、UVつや消しコーティングなどのプラスチック材料に対し、適切な強度を発揮します。保存と運送へのリクエストを満足させ、-40~70℃の極端な環境下での耐寒から耐熱の保存のニーズのために開発しました。お客様のカラーボックスやパッケージの冷蔵・冷凍へのニーズを十分に満足させます。

パッケージの傾向が日増しに精巧になるにつれて、パッケージの接着難度も向上しています。TEX YEAR(徳淵)では高粘着性、耐寒性を備え、銀ボール紙の包装にも対応可能なホットメルト接着剤をご提供しています。 
応用
特性
お問合せ
一般的なカラーボックス
一般的なカラーボックスのパッケージの材質には、アート紙、一般紙、板紙と一般的な水性、油性光沢仕上げなどがあります。
光沢仕上げカラーボックス
光沢仕上げのカラーボックスの梱包材は、光沢処理の違いにより異なる接着結果が発生します。
各種カラーボックスのパッケージに応用されています。
PEラミネート加工ペーパーボックス
PEフィルムは延伸性に比較的優れ、ペーパーボックスに防水力を提供しています。PEフィルムでラミネートされた梱包材は接着しにくくなっています。
PE加工紙は、多くが冷蔵食品、冷凍食品に応用されています。
OPPラミネート加工ボックス
OPPフィルムはペーパーボックスに防水力を提供していますが、OPPラミネート加工ボックスは接着しにくくなっています。
OPPラミネート加工ボックスは、多くが冷蔵食品、冷凍食品に応用されています。
冷凍耐性密封用ボックス
PE、PPによる光沢仕上げ加工のペーパーボックスです。PEフィルムは比較的延伸性に優れ、ペーパーボックスに防水力を提供していますが、PEフィルム加工の梱包材は接着しにくくなっています。
冷凍耐性の密封ボックス用ホットメルト接着剤は冷蔵、冷凍食品に応用されています。
シルバーボード製ワインボックスとギフトボックス
ワインボックスとギフトボックスなどをより美しくするため、UV転写技術を利用したブランケットへの転写により、紙表面にUVオイルを塗布し、さらにローラーを通してホログラムフィルムや特定のイラストを印刷する紙の表面に転写します。紙の表面にはホログラムによるレーザー紙の効果が生み出されますが、接着しにくくなります。この技術は大量にシガレットボックス、ワインケース、化粧品、医薬品のカテゴリで使用されています。
クリアボックス
透明性に優れ、高温と低温に耐性があります。様々な種類の材質に適用でき、接着した製品は無色無臭でエコ、クリアボックスの大小のボックスとクリアボックスの高速製造と生産に適しています。
TEX YEAR(徳淵)のホットメルト接着剤は、自動ボックス製造機での接着作業にも組み合わせられます。